June 16, 2004

書籍紹介:のだめカンタービレ

「書籍紹介」のカテゴリーを作りました。
サッカー関連で読んだ本を時々紹介してみたいと思います。

第1回目ですが、サッカーとはあまり関係ない(?)漫画の紹介です。
二ノ宮知子さんの「のだめカンタービレ」は、個性豊か(かなり過剰気味)な音大生たちが繰り広げる、コメディタッチの成長物語です。
クラシック界が舞台であり、いまいずみはそちらに知識も経験も無いのですが非常にテンポよく、誰でも楽しめる作品だと思います。

しかーし、この作品、サッカーとは一件何の関係もありません(^^; なぜそれをここで取り上げたかと言うと、作者の二ノ宮さんはきっとかなりのサッカーファンなのですよ。
音楽コンクールの名前が「ブッフォン」とか「マラドーナ」だったり、チョイ役のキャラの名字がJリーガーだったり(1巻に出てくる「中村君」はかなり強烈)するところに勝手に愛を感じ取ってしまいました。

公式サイトには小野に関するコメントも沢山あり、やっぱり愛が溢れていました。

下の画像は最新巻の9巻です。
チョイ役で「坪井君」「内館さん」という人たちの名前が出てきたのがこのエントリーのきっかけです(笑)。


のだめカンタービレ #9 (9)

お目めキラキラの少女漫画でも刺激的なレディコミでもないですから男性でも読みやすいと思います。本当に面白いので、お試しあれ。  

Posted by makoto_im at 02:25Comments(2)TrackBack(0)