May 09, 2004

vs新潟(Jリーグ第9節)

場外サポーター対決が注目された(嘘)アウェイ、新潟戦。
3-0で見事、貫禄勝ちです。
(詳細&監督コメントは公式サイト参照)
メンバーは控えを含めて前節の鹿島戦と同じ。達也と永井は怪我から回復せずで遠征には帯同していません。
対する新潟は4ー4ー2ですが、中盤のプレスが甘く浦和は余裕を持ってプレイすることが出来ます。
開始早々から長谷部のパスがエメに繋がり、良いチャンスを何度も作ります。
1点目もその形で、中央でキープした長谷部から右サイドのディフェンスラインの裏に糸を引くようなスルーパス。それを受けたエメが右脚を振り抜いての先制ゴールでした。
直後、カウンターから元浦和の鈴木慎吾にシュートを打たれますが、ポストに救われます。
ピンチをしのいだ浦和は攻め続け、左サイドをえぐったアレがシュート、GK弾いたところを詰めていたエメが蹴り込み、前半は2ー0で折り返します。
後半、新潟は3ー5ー2に修正してきて前半とは逆に浦和は押し込まれっぱなしになります。
相手のシュートがクロスバーに当たったりしながらなんとかしのぎ、後半35分にエメルソンのミドルシュートで決着。

前半のサッカーは文句なし。
後半、立ち直った相手のプレッシャーに押し込まれてしまいましたがなんとかしのぐことが出来ました。あそこで失点していたら一気に崩れた可能性もあっただけに、無失点で乗り切れたのは何よりです。
微妙なのが選手交代。
2ー0の状態で山瀬→暢久、長谷部→内舘と守備的な選手交代で、気持ちが完全に受け身になるのが不安でしたが、その分平川や酒井が積極的に出ていくことである程度バランスを保つことが出来ました。

チームは初の連勝で暫定2位に浮上、得点ランクでは今季2度目のハットトリックでエメルソンが2位グラウとの差を広げました。(エメ11点 グラウ8点)

2位とはいえ、首位磐田は今日も勝利、暫定3位の横浜も引き分けかと思いきやロスタイムに2点を入れて勝利、同じ勝ち点ですが横浜は1試合少ないので実際にはうちより勝ち点は上になるかもしれません。
まぁ、この2チームとは対戦終わっているので、気にするよりも自分達のサッカーを続けることが大事でしょう。
結果はついてくるものなので、しっかりチームを作っていきましょう。

今日の気になる点
・長谷部→エメはかなり板についてきたけど長谷部→山瀬がいまいち繋がっていない気が・・・
・その山瀬、オフト時代の王様的プレイよりもシンプルなさばきと運動量が売りになってきてますね。それはそれで良いことだと思います(伸二もフェイエでそんな感じだし)。早く結果が一つ出てくれることを願います。
・今日も途中交代のキャプテン暢久。ファビーニョの見張り役として働いてくれました。さて、あなたのポジションはどこ?いっそストッパーの方がいいかも?(オジェック時代に時々やってましたね)
・アレはもう少しかな。切れが戻ってきているとは思うけど、もっと単純に縦に突破してもらった方が。後、CKもう少しがんばって。

次節は市原戦です。しっかり叩いておきましょう!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/makoto_im/558037
この記事へのトラックバック
所用で初の「新潟遠征」は実現しなかったが、ビッグスワンは大いに盛り上がったようで
1st.第9節(新潟vs)…0-3【MerrySTYLE BLOGS】at May 09, 2004 23:44
浦和 3-0 新潟 今季初の連勝、DF陣は闘莉王復帰から3試合連続完封ということで順位も暫定ながら2位まで上がりました。 前回の鹿島戦では前半立ち上がり10分の猛攻をしのいで勝利を得ましたが、今回は全く逆で前半立ち上がりの10分でゲームを決めた試合と言っていいと思いま
J1 1stステージ 第9節 vs 新潟戦 TV観戦雑感【赤と緑と男と岩と】at May 10, 2004 09:56
 勝って当たり前の相手にきっちり勝つというのは結構難儀なことであるが、今日は
恩讐 〓 新潟 0〓3 浦和【浦和御殿〓ココログ版】at May 10, 2004 21:28