March 21, 2006

vs広島(Jリーグ第3節)

雨の広島
(詳細&監督コメントは公式サイト参照)

とはいえ、今回はダイジェストしか見ていないので、得点シーンのみコメントします。

1点目
前節と同じような位置でワシントンが倒されて得たFK。
アレックスが頭脳的に決め、先制!
前の試合では大きく壁を越えてゴール右隅に決めましたが、今回はゴール左に低く早いボールを入れてきました。
ひとつにはGKとの駆け引き(前の試合のイメージが残っているはず)ということ、もうひとつは雨という状況を利用した(1.ボールが滑りやすく、回転がかかりにくい場合があるため、前節の様にボールが落ちないかもしれない 2.低く、速いボールはボールが滑るためバウンドでボールが伸びGKも取りにくい)非常に頭脳的なゴールといえます。
尚、このFKになったファウルで相手DFが一発レッドになっています。
この判定が厳しすぎるという意見もあるようですが、スパサカの映像を見る限りではファウルが無ければワシントンが「前を向いて、ゴールに向かって、GKと1対1」になっていたことは明白ですから「明らかな得点機の阻止」ということで一発レッドはやむをえないなと思います。逆の立場でもね。

2点目はDF小村がヘディングでつなごうとした(?)ボールをポンテが抜け目無く掻っ攫い、流し込みます。これも前節を髣髴とさせるナイスゴール。

3点目は左右につないだボールをゴール前に詰めていた啓太が鋭く流し込みました。
映像ではわからないんですが、あれだけ啓太が前に詰めているということは伸二と長谷部が後ろでバランスとっているんですかね。この二人が引き気味になったときに飛び込む選手に決定力があると、相手は守りにくいでしょうね。がんばれ啓太。

4点目、頭三つくらい出たワシントンが豪快にヘッド。一人だけ縮尺が違ってました。

最後に1失点。映像じゃはっきりわからないけど、闘莉王が空振ってるんですね。
シュート自体はすばらしいものなので失点は致し方ないと思いますが、やはりディフェンスラインでのミスは致命傷になりうるのでね、なんとかしたいところです。

これで順位は3位。先は長いとはいえ、いい位置です。
鞠との直接対決まではこのまま行きたいですね。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/makoto_im/50509554