March 12, 2006

vs磐田(Jリーグ第2節)

打倒・飯田人間力
(詳細&監督コメントは公式サイト参照)


今シーズンの初ホーム、"浦和の伸二"の埼スタデビュー戦です。

今日は体調不良で家でのんびりTV観戦でした。

磐田は4−5−1でサイドをケアしながら分厚い布陣で試合に臨んできました。名波を中心にいい展開も見せましたけど、ワントップのカレンがボールを呼び込みきれなかったのと、ラストパスがいまひとつ意図にかけることもあって浦和を崩すにはいたりません。

一方浦和は今日はアレ!啓太!この二人の目を見張るような動きのよさでペースを掴んでいきます。アレは縦への鋭い突破を何度も見せるし、啓太は持ち前の運動量に加えてパスの精度が非常に良かったし、これもチーム内競争の成果かなぁと感心しました。
ギドのチーム内マネジメントのうまさでしょうネ!って感じです。
長谷部は序盤目立たないように見えたものの、伸二とポジションチェンジをしながら前に進出していきます。1点目は、右に流れた長谷部のビューティフルクロスに闘莉王の熱いダイビングヘッド。完璧なゴール。
2点目はアレの高速FK。あの確度で入ってきたら都築でも取れない。ホントに、MVP時代のアレが戻ってきたみたいな凄みでした。
そして3点目は、DFとGKの連携ミスをポンテが抜け目無く掻っ攫い、川口を交わして流し込みます。

選手交代は、肩を負傷したアレ→平川、後は点差が開いたこともあってテストも兼ねてか暢久→相馬、伸二→黒部。
3人とも、よく持ち味を出していたと思います。
特に黒部は守備にも積極的に参加してアピールとともに「自分が出てきてから負けるわけには行かない」という強い気持ちを感じました。

終盤に返された1点は余計。あそこのスペースを誰も見ていないのは問題ですね。きっちり修正してほしいものです。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/makoto_im/50493925