December 03, 2005

そして明日、

2005年Jリーグも明日が最終節です。
明日はただの1試合ではありますがただの1日にはならないかもしれません。
僕がこういうエントリーするとろくなことにならないんですが(山瀬行かないでとか藤田おいでとか、成就しない。。。)記念として前日のうちに残しておきます。

あー、出だしから縁起でもねえ。


32節を終えての順意表。

1 セレッソ 勝点58 +8
2 ガンバ  勝点57 +22
3 レッズ  勝点56 +24
4 鹿    勝点56 +18
5 犬    勝点56 +13

優勝の可能性があるのはここまで。
浦和の条件はシンプルですね。とにかく勝って、上位が崩れたら優勝です。得失点差が一番ありますから、同じ勝点になれば浦和の1位は固いでしょう。

今期は1ステージ制になった最初の年です。本当ならとっくに鹿かガンバが優勝していたはずなのですが、本当に思わぬ混戦の中で生き延びてきました。
今の浦和は優勝を掴み取る力はないと思います。大事な試合で勝ちきれない、特に優勝を争う相手には後半、どのチームにも勝てていません。それでも、1年を通じて勝点をどこよりも多く積み上げたチームこそが「王者」なのです。

明日は何が起きるかわかりません。もはや「自力」という権利は手から零れ落ちている浦和にとって明日がどんな日になるのか。
願望はあれどひとまずそれはおいて、明日の浦和の勝利を願いたいと思います。

頼むよ!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/makoto_im/50290089