July 31, 2005

ぼだぽんカップ

久々の更新ですが、VodafoneCUP行ってきました。
昨年の幻のマンチェスター戦のチケットで招待券を頂きました。
昨年はナビスコの招待もあったし、よく働く半券だな(^^;

VodafoneCUPチケット
(詳細&監督コメントは公式サイト参照)

前半は浦和は4−4−2。
なんか、このフォメだとある程度均等に人が配置できるので、却って運動量が少なくなる気がします。危機感が今ひとつでないというか。
守備面はまずまず合格じゃないですかね。攻撃に移るときの切り替えが遅い。特にFWは、ボールを呼ばないというか「今俺によこせ!決めてやる!」というオーラが出てません。永井には「ここで活躍すれば俺もマンUだぜ!!」くらいの気迫を見せて欲しかったんだけど。
まったりした前半でした。その中で光っていたのはルーニー。ボランチまで下がって守備はする、組み立てる、パスを受ける、フリーランニングをする、チャンスメイクする、シュートを打つ、全てやってました。すげぇ。
後半、マンUにロナウドが浦和にポンテが入って試合が俄然動き始めます。ポンテはいい選手ですね!運動量豊富だしボールを失わないし、的確なパスが出せます。Jレベルではかなり期待できそうです。
ルーニーの2ゴールはどちらも見事でした。とにかく重心が低く、スピードがありテクニックがあって視野が広いわけですからそりゃーDFはたまらないですよね。3人くらいで囲んでるんですけど普通に突破してシュート打ってきます。特に2点目のループは圧巻。目の前で見てて「まさか打ったりして入ったりして・・・入ったよ!!」って感じでもう拍手するしかないです。
ロナウドも恐ろしい選手でした。細いんだけどとにかく体幹が
強く倒れないしぶれない。足元のテクニックとボディバランスも超絶。

正直、昨年のボカ戦を思うと、この試合がどれだけチームの強化に役立つのかはわかりません。マンUは明らかに流すところは流してましたしね。答えは、ナビスコ清水戦で見せてもらいましょう。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/makoto_im/29310305